たばこを止めたいのになかなか止められない・・・・・。
それはあなたの意志が弱いわけではなく、ニコチン依存症という病気だからです。
禁煙は医師と相談して行ったほうが治療効果が高まります。

禁煙治療が保険適応となる条件

  1. 直ちに禁煙しようと考えていること
  2. ニコチン依存症のスクリーニングテストで5点以上であること
  3. ブリンクマンインデックス(一日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
  4. 禁煙治療を受けることを文書で同意していること

この4つの条件に当てはまる方は健康保険を使って医療機関で禁煙治療を受けることができます。

※2016年4月からは、34歳以下の方にはブリンクマンインデックス200以下でも、禁煙治療が保険適用となりました。

2008年の5月からチャンピックスという内服薬がニコチン依存症の治療薬として保険適応になりました。
この薬はドーパミンという物質により喫煙で得られていた満足感を補い、体内でニコチン受容体をブロックすることにより、内服中にタバコを吸ったとしても以前のような満足感が得られにくくなり、禁煙の継続をサポートしてくれます。

今までどおりニコチネル(ニコチンパッチ)も保険適応ですので、禁煙治療をご希望の場合にはどちらかを選択していただくことになります。チャンピックスにはニコチンが含まれていませんので、今までニコチンパッチによる治療が望ましくないとされていた、冠動脈疾患や血管障害のある患者さんにも適応になります。

うつ病や精神疾患などの治療中の方は主治医とご相談していただく必要があります。