IgG抗体アレルギー検査

日本では通常行われていない、遅発性のIgG抗体アレルギーを調べる検査です。

ごくわずかの血液で一度にたくさんの食品や吸入抗原を検査することが出来ます。

一般に広く行われているアレルギー検査は即発性のIgE抗体を調べるものです。
IgE抗体によるアレルギーは、アレルゲンとなるものを摂取するとすぐに強い反応が起きるため、本人にも原因がわかりやすいアレルギーです。

一方、IgG抗体アレルギーは、弱い反応が時間をかけて起きるため、気付かずに長期間摂取を続けた結果として、 様々な慢性症状の原因になっている場合があります。
当クリニックでは、検査結果に基づいた原因食物除去に加え、必要に応じて適切な治療を併用し、不快な諸症状の早期改善を目指しています。

詳しくはアンブロシア株式会社のホームページをご覧下さい。

IgG抗体アレルギー検査の種類

IgG 96 スタンダード・フード・パネル(日本)

29,160円(税込み)
日本でよく食べられている96種類の食品を検査します。(現在は108種類)

IgG フルパネル(食品219種類)

43,740円(税込み)

IgG セミパネル(食品210種類)

21,492円(税込み)

IgG 16 ミニ吸入抗原パネル

18,144円(税込み)
ペット、ダスト、カビ、花粉等を調べます。

IgG 96 食品 & 16 吸入抗原セット・パネル

38,232円(税込み)
食品と吸入抗原を組み合わせたお得なセットです。

その他の血液検査

カンジダ抗体検査

カンジダ菌の増殖が諸症状の原因となる場合もあります。

セリアック抗体検査

セリアック病に特化した検査です。

当クリニックの検査にて、アレルギーや喘息などの原因はすべて特定でません。ご了承ください。

当クリニックでは未就学児のアレルギー検査は行っておりません。